Mine

ゲームの感想など

白痴

純粋で誠実な心を持つムシュンキン伯爵の物語。彼に影響を受けた人々の思考や行動の変化が面白いです。ナスターシャ・フィリポヴナはとても魅力的なのに出番が少ないのが残念。その分、イポリート君の饒舌ワンマンショーが見られます。主人公が人間離れしてるだけに、彼の不満をぶつける様は何か人間らしさを感じます。1200ページを超える長編ですが最後までだれずに完読できました。おそらく「貧しき人々」、「白夜」を読んでウォーミングアップできたからだと思います。白痴は登場人物が多くて最初は名前を覚えるのに苦労しましたが3作品とも読みやすいかったです。

白痴 (上巻) (新潮文庫)

白痴 (上巻) (新潮文庫)

 
白痴 (下巻) (新潮文庫)

白痴 (下巻) (新潮文庫)